マッサージ師タッキーの話

palpul編集部の日野です!

なにこの話?って思う方もいると思いますが、
僕らが考えるpalpulって結局こういうことだよな〜
っていうお話をさせていただきたいと思います。

マッサージ師タッキー

僕は揉みほぐしのお店が大好きで、定期的に通っています。
結構昔から通ってるのですが、ココ!と決めた店はなく、
回遊客、いわゆるジプシーってやつでした。

ただそれにも理由があって、60分2980円系の揉みほぐし店って、
いい意味でも技術的なばらつきがあるんですよね。
「うわ!この人シンプルにうますぎ!!」って人もいれば、
「そこのコリにそういうアプローチは斬新!!」って人もいます。
それを楽しみたいという思いもあって、ジプシーをしていました。
しかしそんな僕にも運命の出会いが訪れたのです。

そう、それがタッキーとの出会いです。
タッキーはハッキリ言えば普通のおっちゃんです。
何度かその店で見かけてはいましたが、特になんの印象もないおっちゃん。
ある日そのおっちゃんこと“タッキー”が担当につきました。

生クリームを潰さずに瓦を割るが如く

(あ〜このおっちゃんかぁ〜)

と思いつつ着替え、ベットに横になりました。

「今日はどんな感じで?」

(どんな人だろう?眠りたいから話しかけてこないでね)
と言いたいけど言いにくいことを心に思いながら、質問に答えました。

「肩首強め、腰は優しくお願いします」
(家系ラーメンで言う「硬め濃いめ脂少なめ」)

タッキーは静かに頷くと施術が始まったのでした。

衝撃でした。

その見た目からは想像もつかない繊細さと力強さ。
痛くないのに芯を揉みほぐされる快感。
生クリームを潰さずに瓦を割るが如くの手技・・・。
骨抜きでした。
オーダー通りの力加減、そして何よりコリを的確にほぐす。
そして気づけば話しかけてきていない!全身で感じるリラクゼーション!!
眠りたいと思ったことを忘れ、起き続けてこの手技を堪能したい。
そう思いながら全身でタッキーを感じました。

これが、サービス業か

僕は知ってしまったのです。神の存在を。
マッサージ神、揉みほぐ神。
彼がタッキーなら僕はツバサなのだろうか?
これが僕とタッキーの夢物語。君が愛の花、僕が恋の花なのだろうか?
これからの揉みほぐし人生、タッキーなしに生きていけるのだろうか?

結局、サービス業とは人

この揉みほぐし店、なんとまさかの指名制じゃないんです。
これまで指名しようと思ったことがないから気づかなかったけど、指名できない。
そう、なんと出会いの日以来、僕はタッキーの手技を味わうことはありませんでした。
奇跡を信じ、何度もお店に足を運びましたがタッキーが担当してくれることはありませんでした。

恋はサーフィン。夏色の恋でした。

第二のタッキーを求め、僕はまたジプシーになりました。
それは今でも変わりません。

結局サービス業って、どこでするかも大事ですが、誰がしてくれるか、だと思います。
その「誰」が、どんな人かわかる。その人に「自分がなにを求めているか」伝わる
これってほんとに大事なことだなと思います。
特に自分のことを伝えること。これは結構軽視されてるなと思います。

「言ってくれなきゃわかんないよ!」

こんなこと思ったことありませんか?
どんな期待をしているのか知らなければ、その期待には応えられないのです。
タッキーも僕の期待に応え、さらに期待以上、心に秘めてた言いにくいことも叶えてくれました。

「魚の絵を描いてみて」

「魚の絵を描いて」
と言われたらどんな絵を描きますか?

鮪、鰤、鮭、鰯、鮎、鰹、鯵、鰊・・・
色、口向き、大きさ、そもそもペンの種類は・・・?

「魚の絵」という限定的な表現かと思ったら、人それぞれの色んな解釈がありますよね。
サービス業は終わるまで形が見えにくい。
当然、美容室も同じです。
ロング、ショート、ボブ、軽め、重め、明るく、暗く・・・
人それぞれの、色んな解釈があるんです。

ちゃんと伝えられていますか?

皆さんは美容師にちゃんと自分のなりたいイメージを伝えられていますか?
期待通りにならないのは、期待が伝わっていない可能性があります!

palpulはその期待をちゃんと伝えるお手伝いをします
伝えたいと思える、素敵な美容師を見つけるお手伝いをします

palpulの価値、それは安心です。
どんな美容師だろう?お客様の期待はなんだろう?
両者の「わからない」という「不安」を解消する入り口になります。
相手のことがよくわかる安心があるからこそ、その先のハッピーを感じられるんだと思います。

最後に

タッキーへの想いを綴りつつ、最後は綺麗にpalpulに着地できてホッとしています。
palpulは、いずれはあらゆるサービス業に展開したいという野望があります(非公式)

palpulにタッキーが登録し、まだ見ぬ魅力を見てみたい。
そんな期待を胸に大いなる野望に向かって、まずは僕らが一番お世話になっている美容業界を、明るく楽しいものにしていきたいと思います。

美しく健康でありたいと願うすべての人のために、
タカラベルモント、そしてpalpulは頑張っていきますので、
これからも応援よろしくお願いします。

この記事を書いた人

トップページへ戻る