palpulってどんなサービスなの?

「こんなはずじゃなかった」

こんな経験はありませんか?

仕上がりはもちろんですが、過ごし方も「期待通りではなかった」という経験があると思います。

palpulのコンセプトは

サロンでのコスパを上げる

私たちが考えるコストとは何か、

どんな機能でどんな期待に応えられるのかについて書いていきたいと思います。

ちょっと長いですがぜひ一読ください!(願)


気楽に満足を得られる


palpulが目指すこと、palpulを一言で表現するなら、

気楽に満足を得られるサービス

です。

「気楽に満足」というのは

気疲れなく、思い通りの時間を過ごして思い通りの仕上がりを手に入れること

だと考えています。


なんかモヤモヤする


皆さんはサロンで自分の理想はちゃんと伝えられていますか?

カウンセリングの時、髪型のこと(長さ、形、ボリューム、雰囲気、色、明るさ、・・・)、過ごし方のこと(会話の有無、ドリンクの種類、シャンプーの強さ、寒がり暑がり、・・・)、色々伝えたいのに、うまく伝えられなかった経験はありませんか?

palpul公式Twitterへのコメントを見ていると、結構な数の方が「言いたいことが言えない」「思い通りにならない」と感じていることがわかりました。

コミュニケーションには気疲れするし、仕上がりはなんかイメージと違うし、となると

モヤモヤ

しませんか?なんかモヤモヤする。なんか損した気分。

そのモヤモヤの原因は「思い通りにならない」ことだと考えました。

皆さんのヘアスタイル、過ごし方の「思い通り」を実現するするための

2つの機能に特化したサービスがpalpulです。


palpulの機能は2つ


palpulは①事前リクエストと②理美容師検索機能の二つの機能で構成されています。

予約する機能はついていません!

これには深い理由がありまして、

みんさん様々な予約方法を利用していますよね?

電話予約でも、各予約サイトでもそれぞれに素敵な魅力があるので、

一人でも多くの人にこのサービスを使ってもらいたいという思いで、

予約機能はつけませんでした。

皆さん思い思いの予約方法を使って、palpulをご利用ください。


①ちゃんと伝わる
事前リクエスト


対面で話した方が伝わるのでは?

そう考える方も多くいらっしゃると思いますが、実は

ちゃんと伝わるのは文字と画像なんです。

対面では身振り手振りや表情が使えますが、それは

伝わった感じがする

だけで、正確な情報が伝わりにくいと言われています。

むしろ、緊張などの

対人だからこそ生まれる感情

の影響で、うまく伝えられないのです。

文字と画像を事前に送ることで

落ち着いた、冷静な状態で、整理された情報を準備できます。

その情報は発信者の見た目や表情、感情は伝わらないので、

正確な情報だけが伝わります。

これだけではコミュニケーションとして確かに不十分かもしれませんが、

サロンにはカウンセリングがあります

必要な情報だけがきちんと伝わり、そのあとは対面できちんと

伝わり合いの確認コミュニケーションが取れる

事前→対面が必ず実現するサロンだからこそ高い効果を発揮するんです。


②理美容師のことがよくわかる
検索機能


理美容師さんがどんな人か、気になると思います。

私たちがグループインタビューやヒアリングをおこなった際にも

「(サロンがおしゃれすぎて)私が行ってもいいのかなって思います」

という意見が結構ありました。

でも結局サロンって、

理美容師とお客様の相性

ですよね?

どんなにおしゃれなサロンでも、理美容師が親しみやすかったら通いやすいですよね。

だからpalpulは、

サロンではなく理美容師にフォーカスしました。

これまでの理美容業界は、全てにおいてサロン中心でした。

でも結局お客様と理美容サービスの接点で一番大きいのは理美容師さんですよね。

だからこそ一番気になる

「この人ってどんな人なの〜!?」

というお悩みをきちんと解消できような検索機能をつくりました。


コストとは、損のこと


コストとはつまり

「損」のことです!

「損を減らして得をすること」がコスパを上げるということ。

つまり損はお金だけじゃないんです。

仕上がりや過ごし方で損していませんか?

思い通り、理想がちゃんと伝わることで、

その「損」はpalpulで解消することができるようになります。

今、多くの方が損をしている状態です。

皆さんがサロンでコスパを上げられるよう、palpulを

理美容業界のスタンダードサービスとして普及させていきます。

トップページへ戻る